毛穴の角栓 正しい取り方とは?絶対NG方法と角栓を作らない方法

鼻の頭や小鼻のわきに、ぽつぽつと白い頭を出した角栓。
角栓を見つけると、どうしても見て見ぬふりができず、ついむきになって無理矢理角押し出してしまう・・・そんな経験ありませんか?

無理矢理押し出すことで、プリッと角栓が飛び出すので、気持ちよくてついついやり続けてしまう方もいるかもしれませんね。

 

しかし!

毛穴に悩んでいるなら、この行為はいますぐやまなければなりません。

というのも、角栓を無理矢理押し出す行為を続けている限り、その作業はエンドレスだからです!

 

ではこの角栓を取りたいと思ったら、どうしたらいいのでしょうか。
この記事では、毛穴に詰まった角栓の正しい取り方と、絶対やってはいけない取り方ををまとめています。

角栓を作らないために必要なケアも紹介していますので参考にしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

「角栓」の正体ってなに?

毛穴に詰まった白い塊を角栓といいます。
この角栓の正体が、皮膚から出る「脂の塊」だと勘違いしている方も多いのではないでしょうか。

角栓の正体・・・

それは、毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂と、古い角質とが混ざり合ってできたものです。

確かに、多くの方がイメージしている皮脂も混ざっているので間違いではないのですが、実は角栓の約70%がタンパク質・・・脂よりも古い角質の方が多く占めているんです。

 

角質の正体とは・・・

  • 古くなった角質…70%
  • 毛穴から出る皮脂…30%

 

これから毛穴の角栓をケアする方法についてまとめていきますが、正しいケア方法を理解するためにも、この角栓の正体を覚えておいてくださいね。

 

ちなみに…古くなった角質とは?

角栓の正体の約7割が古くなった角質だというお話をしましたが、そもそも古くなった角質とはいったい何?と思われる方もいるでしょう。

人間の皮膚は、1枚の単純な膜のように見えますが、実は表皮・真皮・皮下組織の3層になっています。

そのなかでもいちばん外側にある表皮は、いわば肌の生産工場です。
表皮のいちばん下にある基底層で作られた新しい細胞は、徐々に押し上げられ角質細胞となり、最後は(あか)となってはがれ落ちるというサイクルになっています。
ターンオーバーと言われるものです。

この垢がまさしく「古くなった角質」です。

ポイント!
角栓は、本来剥がれ落ちるはずの古い角質が肌に残ったままになり、皮脂と混ざり合って毛穴に留まってしまった状態です。

 

恐ろしいもう一つの正体

角栓ができやすい人には、もともと皮脂量の多いオイリー肌の人がいます。
これには遺伝的な要素もありますね。

でも、そんなオイリー肌の人でも、適切なケアをすれば角栓ができないように予防・改善することは十分可能です。

 

また、オイリー肌の人だけが角栓ができるかといえば、けっしてそうではありません。

実はもう一つ、オイリー肌であることよりも恐ろしく、誰もが陥りやすい角栓を作る原因があります。

それは油脂です。

この油脂の正体・・・
それは何をかくそう私たちが常日頃、毛穴を隠そうと使っているファンデーションです!

ファンデーションに含まれている油脂が、皮脂や角質と混ざり合うことで酸化し、バターのようなドロッとした角栓が出来上がります。

クレンジングでメイクをしっかり落とすことが、いかに重要かわかりますね。
ついつい面倒で・・・そんな方ほど毛穴のつまりで悩んでいるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

やってはいけない角栓の取り方

角栓の取り方で、まず絶対やってはいけない方法があります。

 

爪で無理矢理押し出す

角質を指や爪で無理矢理押し出す方法はNGです。

これは多くの方が経験しているのではないでしょうか?

爪を立てることなく指の腹で軽く押し出すことで出てくる角栓は、取ってもさほど肌への負担とならないので構いません。

絶対やってはいけないのが、爪を立てて無理矢理押し出そうとすることです。

ついついムキになって一生懸命やってしまいがちですが、これは肌を傷つける上にになってしまったり、毛穴がよけいに広がってしまうこともあります。

傷跡はそのままシミになる可能性もありますから、シミを消すことは角栓を取り除くよりも難しくなってしまいますね。

 

コメドプッシャーを頻繁に使う

角栓を取るためのコメドプッシャーがあります。

指で押し出すのと比べ、毛穴に均一に力が加わるので、肌への負担が少ないというメリットはあります。

しかし!

いくらコメドプッシャーを使っても、過度の力を入れては意味がありません。

コメドプッシャーを使うときは、指で押し出すのと同じく、軽く押し当てて出てくる角栓だけを取り除きましょう。
使用頻度も月に1度程度にとどめましょう。

頻繁にやったり習慣化すると、肌への負担が大きいだけでなく、余計な皮脂まで取り除いてしまうことで皮脂が過剰に分泌されます。

それによってまた新しい角栓ができる・・・というように、ただ単に悪循環に陥ってしまいます。

 

毛穴パックを頻繁に使う

毛穴パックは無理矢理押し出すのとは違い、肌に優しいのではと思われるかもしれません。

確かに力を入れて傷つけることはないのですが、毛穴パックは刺激が強いので、パックをすることで角栓を取りたい部分以外の肌にはダメージが大きくなってしまいます。

強い粘着性のあるパックは、正常に働いている毛穴の皮脂までも取り除いてしまう可能性があります。

また、そもそも角栓は肌の乾燥によって過剰に分泌された皮脂によるものですから、パックを使うことによって余計に乾燥を促してしまい、皮脂が過剰分泌されまた角栓ができる・・・という悪循環となります。

 

スポンサーリンク

正しい角栓の取り方

ここでは、安全な角栓の取り方を紹介していきたいと思います。
これは以前、NHKの情報番組での皮膚科医の医師が紹介されていた方法です。

まずはこんな疑問・・・

 

そもそも角栓は取っていいもの?

角栓を無理矢理とると肌に良くない・・・
余計に皮脂が分泌されて角栓ができやすい・・・

こんな話を聞くと、角栓を取ることがいいことなのかという疑問がでてきますよね。

答えは・・・OK すなわち「角栓は除去すべきもの」です!^^

 

角栓はそのまま放置すると、どんどん毛穴が押し広げられていきます。
また、汚れや油脂と混ざって酸化の原因となるため、できることなら取り除いたほうがよいものです。

ただ、肌への負担を最小限に抑える、正しい方法でやることが鉄則だということを念頭に置かなければいけません。

 

毛抜きやピンセットを使う方法

清潔や毛抜きやピンセットを使って、周りの皮膚を傷つけることなくできれば問題ありません。

先のとがった毛抜きやピンセットが必要になるので、皮膚に傷がつかないようくれぐれも注意が必要です。

やる前にマッサージなどで皮膚を柔らかくしておくといいですね。

 

毛穴パックを使う方法

先ほどもお伝えしましたが、毛穴パックは刺激が強いので使用頻度を守って使用しましょう。

月に1度くらいの頻度ならばOKです。

乾燥がひどかったり、そのほかの肌トラブルがあるときはやめておきましょうね。

 

また、角栓というよりは、ザラザラした毛穴のつまりが気になるときは、クレイマスクがおすすめです。

クレイマスクとは、ミネラル成分の多い泥を使ったパックのことで、細かい粒子の泥が毛穴の奥に入りこみ、毛穴に詰まった汚れも吸着させて落としてくれます。

クレイマスクは1週間に1度くらいを目安に使用しましょう。

 

指でやさしく押し出す方法

指の腹でやさしく抑えた時に、プリっと出たものを取り除く程度ならばOKです。

やってしまいがいちですが、指や爪で無理矢理押し出すのは厳禁です!

 

取った後の保湿が重要!

角栓を取る上でいちばん大切なことがあります。
それは、角栓を取ったあと、「しっかり保湿をする」ということです!

 

角質を除去することによって、肌の潤いに必要な皮脂が、多少なりとも取り除かれてしまいます。

必要な皮脂を失った毛穴は、肌の乾燥を防ごうと、皮脂が過剰に分泌されます。
それによって、新たな角栓がすぐに出来上がってしまいます。

これを繰り返すことで、毛穴はどんどん広がり、前よりも大きい角栓ができるといった悪循環になってしまいます。

 

角栓を取り除いたら、セラミドなどの保湿成分が配合されているのクリームや美容液でしっかりと保湿をしましょう。
肌の乾燥を防ぐことで、過剰な皮脂を生み出さないようにすることができます。

 

【関連記事】セラミドについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
☞セラミド効果が毛穴の開き黒ずみに効く!セラミド配合化粧品の選び方

 

「角栓を作らない」ことが最重要!

 

これまで角栓の取り方についてまとめてきました。

しかし!

もっとも重要なのは角栓を取ることよりも、これから「角栓を作らない」ことです。

角栓ができるということは、皮脂が過剰分泌され古い角質が残ってしまっている「肌が正常ではない」状態だという証拠です。
それでは、どうしたら角栓のできない正常な肌を手に入れられるのでしょうか?

 

保湿の重要性

皮脂の過剰分泌はの原因は、主に乾燥です。

オイリー肌の人が陥りやすい間違いとして、自分は乾燥とは無縁だと思ってしまうことです。
「私は脂性肌だから化粧水しかつけないの」という人もいますがそれも間違いです。

そもそも「皮脂」と肌の潤いを保つ「水分」は違うものです。

本来あるべき水分が少ないことで、それを感知した毛穴にある皮脂腺が足りない水分を補おうと皮脂を過剰に分泌させます。

 

また、乾燥すると角質が硬くなり、かえって毛穴をふさいでしまうことも!
皮脂は過剰に分泌されるのに、毛穴はふさがれている・・・という最悪な状態になってしまいます。

 

保湿をしっかり行い水分を与えることで、皮脂の過剰分泌を防ぎ、角質を剥がしやすくしてあげましょう。

オイリー肌の方や、べたつきが気になる方は、油分の少ない保湿美容液などをつけるといいですね♪

 

洗顔の重要性

角栓を作らないために、毎日の洗顔は重要です。

正しい洗顔を1日2回行うことで、余分な皮脂、古い角質、汚れを取り除きます。

このとき、汚れを落としたいあまりゴシゴシと力を入れてこすることは厳禁です。
肌へのダメージは乾燥や肌トラブルの原因となってしまいます。

しっかり泡立てた洗顔料で、泡をユサユサと動かすイメージで優しく洗いましょう。
洗い流すときはぬるま湯で、泡が残らないよう注意してくださいね。

【関連記事】毛穴ケアおすすめの洗顔料はこちらへ
☞毛穴の汚れを確実に落とすおすすめ洗顔料ランキングTOP3!

 

ピーリングでターンオーバーを促す

皮脂や角質は日々分泌されています。
角栓を作らないためには、毎日の正しい洗顔・保湿がいちばん効果的でこの上ない予防方法です。

それでもざらついて毛穴が詰まってしまうようならピーリングを加えることもおすすめです。

 

ピーリングは古い角質をはがれやすく分解する作用があります。

また、古い角質を落とすことで、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を促す効果もあります。

ターンオーバーが正常に行われている健康な肌は、古い角質が溜まることなくはがれおちていくので、角栓ができにくくなります。

ピーリングは、刺激の少ないAHAなどを配合したミルクやジェルタイプで洗い流すものがおすすめです。

 

まとめ

毛穴につまった角栓の取り方についてまとめてきました。
いかがでしたか?角栓についての理解を深めていただけることができましたでしょうか?

毛穴に詰まった角栓を取るには、肌に負担をかけない正しい方法で行い、しっかりと保湿をすることが大切です。

また、角栓は毎日のスキンケアで予防できます。
正しい洗顔と保湿で余分な皮脂や角質を生み出さないことで、角栓のない綺麗な毛穴を目指しましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です