チョコレートを食べるとニキビができるって本当⁉つい食べ過ぎたら〇〇でリセット!

チョコレートを食べるとニキビができる!っていつの頃からか思い始め、チョコレートを食べるたびに「しまったTT」とやたら後悔したりして・・・。
皆さんにはそんな経験ありませんか?

でも、よくよく考えてみると、それって誰に聞いたんだろう?
そもそもそれは本当の話なんだろうか・・・?

確かにチョコレートを食べ過ぎてニキビができたという経験を幾度となくしてきた記憶があります。
果たしてそれらはすべてチョコレートを食べたことが原因だったのでしょうか?

もし本当にニキビの原因がチョコレートだとしたら、チョコレートを一切食べないほうがいいの?
それだとあまりにも寂しすぎますよね!

というわけで、この記事ではチョコレートとニキビの因果関係を調べてみました。

ぷるる
お願い!チョコレートを一切食べちゃダメなんて言わないでね~~~!
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ニキビと食事を関連づける科学的根拠はない⁉

結論から言いますと・・・

ニキビの原因に特定の食材は関係ありません!

ペンシルバニア大学(アメリカ)の研究結果とアメリカ食品医薬品局(FDA)の調査結果で、「チョコレートをたくさん食べることとニキビが発生することとは、直接の関係はない」と報告されているんです!

また近年では、ニキビの免疫学的な研究もされ始めているらしいのですが、今のところチョコレート摂取とニキビの関連性を明らかにするには、さらなる研究が必要なようですよ。

ぷるる
ふ~、ひと安心…。世界に名だたるペンシルバニア大学は多くのノーベル賞受賞者を排出した超エリート大学!
これは信ぴょう性が高いね!

 

スポンサーリンク

ニキビとチョコレートの因果関係とは?

それでは、なぜチョコレートを食べるとニキビができるというのでしょうか?

 

そもそもニキビができる原因とは?

まず、ニキビができる原因を考えてみましょう。

ニキビの多くは、皮脂腺からでたアブラが毛穴につまってしまいアクネ菌が繁殖するためにできるものです。

それは、皮脂の分泌量が急激に増えたり、ホルモンのバランスが崩れる、体調の悪い、皮膚を清潔に保っていないなど、さまざまな原因があります。

 

ニキビの原因を一つに特定できない

医学的に、チョコレートをはじめ、そのほかのの特定の食べ物とニキビとの関連性は認められていません。

ところが、実際にチョコレートを食べ過ぎるととニキビや吹き出物ができた、という症状を経験した人は多いと思います。

ただこれも、その時の体調や体質、日常の食生活そのものにも関りのある場合が多く、ニキビの原因がチョコレートだと特定することが難しいことが理由のようです。

確かに、ジャンクフード・スナック菓子など、添加物の多いものを摂っていてはニキビの原因となります。
また、偏食があったり、外食が多かったりする方も、肌に良いとは言えません。

寝不足や不規則な生活で肌荒れを起こし、ニキビができてしまうということもよくあることです。

このような方が、「チョコレートを食べてニキビができた」と言っても、まるで信ぴょう性に欠けてしまいますよね^^;

 

ニキビをつくる成分

科学的根拠がないにも関わらず、ニキビの原因を探ると、やはり脂質や糖質の多いチョコレートは、ニキビを作る要素を持っていると言わざるを得ないと考えます。

ニキビの原因となる皮脂のつまり・・・
それは、さまざまな要因で皮脂が過剰に分泌することが原因です。

そして、皮脂を過剰分泌させる食べ物は、脂質・糖質・食品添加物です。

チョコレートには、原料はカカオマスや砂糖、ココアバターなどの脂質糖質が含まれています。
また、コストや加工性、賞味期限、食べやすさなどを重視するために、油脂やスクラロース、トレハロース、香料、甘味料などいろいろな食品添加物が含まれているものも多くあります。(商品によって大きく異なります)

ただ、このような成分は多くの食品に使われています。
つまりチョコレート自体が原因ではなく、それに含まれている脂質・糖質が皮脂量を増やし、食品添加物によって発生した活性酸素が皮脂汚れを酸化させることでニキビに影響を与えているといえます。

ぷるる
チョコレートに限らず、日常の食事を見直すことは大切なんですね!

 

“チョコレートが食べたい時”に原因が⁉

女性が甘いものを食べたくなる時・・・ここにもう一つの原因があります。

疲れているとき、だるいとき、ストレスを感じるとき・・・
思い返してみると、チョコレートが食べたい時というのはこのようなときが多いと思いませんか?

そして、このタイミングは生理前でホルモンバランスが崩れているときや、ストレスが溜まっているときが多く、肌荒れやニキビができやすい時期と重なってしまうのです。

ぷるる
ニキビができやすい時期に、チョコレートなどの甘いものを食べたくなるということなのね!

チョコレートなどの甘いものに限らず、このような時期にファーストフードやスナック菓子などの添加物を多く摂ることも、ニキビや肌荒れの原因となります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

チョコレートを食べるメリットがある!

チョコレートの原料であるカカオには、カカオポリフェノールという成分が含まれています。

カカオポリフェノールの効果
・動脈硬化予防
・がん予防
・ストレス緩和
・抗酸化作用(アンチエイジング)
・胃潰瘍やアレルギーの予防
・虫歯予防

これらに加え、女性ホルモンに似た働きをしてくれるという、女性にとっては大変うれしい成分なんです。

この中で特に注目したいのは、ストレスの緩和です。
ストレスでホルモンバランスが崩れているときに、チョコレートを食べたくなるのは、健康面でも実に理にかなっていると言えますね。

ニキビに影響を与えるほど食べ過ぎることがなければ、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは積極的に摂りたいものです。

スポンサーリンク

 

チョコレートを食べ過ぎたらこれ!

補うべき栄養素

チョコレートは食べ過ぎることがなければ、決して悪いものではないということがわかりました。

ところが、分かっていてもついつい食べ過ぎてしまうのがチョコレートですよね。
そんなときは、それを補う栄養を摂ることで、ニキビができるリスクを抑えることができます。

ニキビの原因となる皮脂の分泌をコントロールする働きがある栄養素は、ビタミンB2・B6です。
脂質や糖質を取り過ぎてしまったと感じたら、これらの栄養素が多く含まれる食材を摂るようにしましょう。

ビタミンB2が豊富な食べ物

・鶏レバー
・うなぎ
・納豆
・ブロッコリー
・生しいたけ
・乳製品  など。

 

ビタミンB6が豊富な食べ物
・鶏肉(ささみ)
・マグロ
・かつお
・さつまいも
・バナナ   など。

 

また、新陳代謝を促して、ニキビの原因となる毛穴のふさがりを防いでくれる栄養素が、ビタミンA・ビタミンCです。

ビタミンAを多く含む食べ物
・鶏レバー
・うなぎ
・モロヘイヤ
・にんじん
・春菊
・海藻   など。

 

ビタミンC
・パプリカ
・菜の花
・ブロッコリー
・かぶの葉
・カリフラワー
・とうみょう
・ゴーヤ  など。

 

便秘も肌荒れやニキビの原因となることがあります。
便秘解消にいい食物繊維をしっかり摂ることも心がけましょう。

食物繊維の多い食べ物

・納豆
・おから
・さつまいも
・納豆
・キウイ  など。

 

チョコレートをついつい食べ過ぎてしまったときは、これらの食材を多く取り入れつつ、油分の少ない食事を摂るようにしましょう。

ぷるる
大好きなチョコレートを食べるためだもんね。がんばってビタミン取らなきゃ!

 

サプリメントを活用する

栄養のバランスを考え、甘いものを補うだけの食材を摂ることができればいいのですが、チョコレートで摂る脂質や糖質に比べ、食べ物でビタミン類や食物繊維を摂るのって意外と大変なものですよね。

そんなときは、サプリメントを上手に活用することもひとつの方法です。

食べ物で摂ることができればいちばんいいのですが、それでも足りないと感じたらニキビへの影響が大きいとされるビタミンB2、ビタミンB6を選びましょう。

 

大人ニキビの原因は皮脂の過剰分泌ではない

ニキビの原因は必ずしも皮脂の過剰分泌だというわけではありません。
その証拠に乾燥肌の人でもニキビができることはありますし、皮脂の少ない頬にできる人もいます。

顎や頬などにできる大人ニキビは、毛穴の出口の角質が厚くなって毛穴をふさいでしまうことに原因があります。
毛穴がふさがれてしまうと毛穴の中で皮脂がつまりアクネ菌が増殖してニキビになってしまうというわけです。

では、このような大人ニキビの原因は何かというと、体内バランス(ホルモンバランス)の乱れや免疫の低下だと言われています。

このような乱れは、ストレス・不規則な生活・偏食・睡眠不足・運動不足など、生活のあらゆる要素が影響し身体の内側から出てしまうものです。

そして、これらの要素は複雑にからみあっているので、これといった原因を特定するのはとても難しいのです。

 

ただ、最終的に皮脂が酸化してアクネ菌が増殖する、という点では皮脂の過剰分泌でできるニキビと変わりません。

大人ニキビで大切なのは、チョコレートを気にするよりも、生活習慣を見直したり、古い角質を取り除いて毛穴をふさがない努力をするほうがよさそうです。

結果的にチョコレートを食べすぎて皮脂が増えても、きちんと毛穴から排出されるように肌を整えておくことでニキビを防ぐことができます。

それでもチョコレートを食べる量は適量を守るのは大切ですよ^^。

 

※大人ニキビに関しては、こちらの記事も参考にしてくださいね♪
どうして治らない⁉“顎ニキビ”…5つの原因と今日からできるセルフケア|おすすめスキンケア化粧品
顎に繰り返しできる【白ニキビの原因と治し方】絶対やってはいけないセルフケア!

 

明らかにチョコレートが原因となる人

中にはチョコアレルギーの人もいます。
チョコレートに含まれるカカオに反応してしまうアレルギーです。

アレルギーがあると、食べたらすぐにブツブツや吹き出物が出来る場合があるようです。

主原料であるカカオのアレルギーは、蕁麻疹・嘔吐・下痢、鼻血が主な症状です。
明らかにこのような症状のある人は、一度医師に相談するといいかもしれませんね。

ちなみに、「チョコレートを食べすぎると鼻血が出る」というのも、科学的には証明されていません。

 

チョコレートを食べるなら・・・

とにかく、一度にたくさん食べることはやめましょう!
いくらチョコレートとニキビの因果関係が科学的に証明されていないといっても、脂質と糖質の取り過ぎは間違いなくニキビの原因となる皮脂の分泌を促してしまいます。

ただ、健康や美容に良いカカオポリフェノールをうまく取り入れるために、適量のチョコレートを食べることは逆に推奨されています。

「ニキビを作りたくなければ、チョコレートは絶対食べちゃダメ!」
というのは、まったくの誤りですから、チョコレート好きは一安心です^^;

それに、甘いものを我慢して余計にストレスが!・・・なんてことになれば元も子もありませんよね。

大切なのは、バランスの良い食事を心掛けた上で、チョコレートは食べ過ぎない程度に食べることです。
あくまでもほどほどにですね^^

ぷるる

チョコレートを食べる楽しみがなくならなくてよかった~!あとはニキビに影響が出ないように、食べ過ぎないようにしなくっちゃね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です