プロテオグリカン原液【美容液】おすすめ3選!エイジングケアに効果的な美容液の選び方

高い保湿力で注目されているプロテオグリカンですが、その名前もまだ聞いたことがないという人は意外と多いようです。

保湿効果のある美容成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど優れた成分で知られていますが、確かにこれらと比べるとプロテオグリカンはあまり目にすることがありませんよね。

ところが!

このあまり知られていないプロテオグリカンこそ、保湿力はヒアルロン酸の1.3倍という非常に優れた保水力で今注目されているんです。
しかもプロテオグリカンそのものの保湿力だけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける働きもするんです!

このプロテオグリカン、一昔前までは1g3000万円したと言われる希少な成分!
そうそう手に入れることのできなかったプロテオグリカンを、長年の研究によって簡単にエイジングケア化粧品に取り入れることができるようになりました!

こんな素晴らしい成分を、日ごろのスキンケアに取り入れなければもったいない!
ということで、この記事ではおすすめのプロテオグリカン原液の美容液を紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

そもそもプロテオグリカンって何?

(プロテオグリカンについてはエイジングケア最強の味方プロテオグリカン化粧品の効果とは?で詳しく説明していますので、ここでは簡単に説明していきますね。)

 

プロテオグリカンは、動物の軟骨を構成する物質の一つです。
わたしたちの体のさまざまな場所にある構成成分で、タンパク質の複合体です。

人間の皮膚では、真皮層に存在しコラーゲンやヒアルロン酸と「マトリクス構造」を作っています。

これらの構成成分によって、美容成分で満たされた真皮層を真皮層を作り上げます。
それによって表皮層を下から支え、肌のハリ弾力などを保つことができるんです。

プロテオグリカンが働くのは皮膚だけではありません。
身体・臓器・脳などのあらゆる場所に存在し、特に関節痛や関節症に効果があると言われています。

 

スポンサーリンク

“プロテオグリカン原液”って何?

プロテオグリカンが保湿に特に優れ、その他の成分の生成を助ける素晴らしい成分だということはなんとなくわかっていただけたかな、と思います。

そのプロテオグリカンの「原液」ともなれば、さぞかしお肌に良さそう♪

原液というからには、ほかには何も配合されていない(水さえも)プロテオグリカンそのものなんでしょ、と考えがちですが・・・

残念ながら、それは少し違います。

プロテオグリカン原液とは、原料に使われているのがプロテオグリカンだけという意味です。

 

通常、『1種類の原料+水+防腐剤など』であれば、「原液」と謳っていいことになっています。

『プロテオグリカン+水+防腐剤など』であれば、「プロテオグリカン原液」ということになりますね。

例えばここに、少量でもコラーゲン・ヒアルロン酸など、ほかの成分がはいると「プロテオグリカン配合美容液」と「原液」とは表示できなくなります。

 

スポンサーリンク

原液美容液を選ぶメリットは?

美容液を選ぶ際に、あれもこれもと多くの成分が入っているものを選びたくなりますね。

しかし、美容液の目的は「プラスアルファ」の美容効果を得ることです。
使う人の抱える肌の悩みに集中して予防するために、美容液でのケアが効果的です。

というわけで、いろんな美容成分を配合したタイプより、1種類の成分のチカラを集中して取り入たい場合には「原液」タイプがおすすめです。

成分表示が分かりやすく、選びやすいというメリットもありますね。

プロテオグリカン原液は、プロテオグリカンの持つ保水力と、真皮に働きかけ肌のハリ弾力を保つ働きがありすので、エイジングケアを目的として美容液を選ぶ人にとってはピッタリの成分と言えます。

 

プロテオグリカン原液美容液の選び方

 

プロテオグリカン原液の化粧品を選ぶ際に、注意しなければいけないポイントがあります。
それらをチェックしながら、プロテオグリカン原液美容液の選び方を紹介しますね。

 

濃度と品質をチェックする

プロテオグリカン原液といっても100%プロテオグリカンでできているのではありません。
先ほどお話したように『プロテオグリカン+水+防腐剤など』であれば、プロテオグリカン原液となります。

 

そして、もう一つ注意しなくてはいけないことがあります。

それは、原料(今回の場合はプロテオグリカン)の配合量に定義がないといことです。
プロテオグリカンがごく少量でも原液と謳うことができるんです。

このあたりに惑わされないよう、濃度をチェックすることが大切です。

また、品質を確かめるためにも、原料の産地が紹介されているかも確認できれば安心ですね。

 

肌に優しものを選ぶ

美容液には、フェノキシエタノールやメチルパラベンなどの防腐剤が使われることが多くあります。
これらは製品の保存のために配合されているので、一定期間の品質を守るためには仕方のないものです。

ただ、体質によっては刺激を感じる場合もあるので注意が必要です。

肌への刺激を考えて、防腐剤や添加物はできる限り入っていないものを選びましょう。
その場合、清潔にして早く使いきるということも大切です。

 

値段に惑わされない

プロテオグリカン原液の美容液を選ぶ際には、価格もひとつのポイントになります。

値段が安くても原料の成分があまりにも少ないと、効果は期待できません。
また、高ければ安心だとも限りません。

濃度や品質をチェックするのはもちろんですが、無理なく続けられる価格のものを選ぶというのも大切なポイントですね。

 

【おすすめ】プロテオグリカン原液美容液

それでは、おすすめのプロテオグリカン原液の美容液を紹介しますね。

 

■高純度プロテオグリカン原液を選ぶならこれ!
⇩ ⇩ ⇩

高純度プロテオグリカン原液[美容液]
PG2 ピュアエッセンス

~~PG2 ピュアエッセンスのおすすめポイント~~

  1. 高純度原液で実感レベルが違う!
    高純度のプロテオグリカン原液のみ配合で、効果を実感できます。
  2. 敏感肌でもOK!
    保存料や香料は肌にとってダメージとなる場合があります。
    PG2ピュアエッセンスは、香料・防腐剤・パラベン・界面活性剤・合成着色料・アルコール・油分が不使用!
    余計な合成物を使わず敏感肌でも安心です♪
  3. 少量の使用で効果を実感
    たくさんの量を使用するスキンケアは、肌に多くの摩擦を与える原因になります。
    PG2は、単体でも保湿力や調整力が高く、少量かつシンプルにお肌にアプローチします。
  4. 成分の精度を閉じ込める真空パッケージ
    製品の劣化を防ぐため、できるだけ光を通さないようにコバルトブルーのガラス容器になっています。
    さらにその容器が真空パックになって届けられます。
  5. 特許技術で成分を抽出
    PG2ピュアエッセンスの原料プロテオグリカンは特許技術の新製法で抽出されています。
    それによって、動物組織から細菌やウイルスを除去し、無菌的にプロテオグリカンを抽出することができます。
    また、プロテオグリカンの変成・分解を防ぎ、単一成分として抽出することが可能です。
  6. 新鮮な軟骨のみ使用
    PG2ピュアエッセンスの原料は、その日に獲れた鮭からその日のうちに取り出した軟骨だけです。
    鮮度や純度に徹底的にこだわって、高分子のまま取り出したプロテオグリカンで、水分カバー力が違います。

 

商品詳細

高純度プロテオグリカン原液
PG2 ピュアエッセンス
■内容量:10ml(1ヶ月分)
■価格:通常7,500円(税別)定期コース14%OFF6,450円(税別)
■全成分表示:水、BG、水溶性プロテオグリカン
■販売元:株式会社ジョイフルライフ
■購入先:公式オンラインストア

 

■コスパで選ぶならこれ!
⇩ ⇩ ⇩

【fracora】フラコラ
LIFTest プロテオグリカン原液

おすすめポイントは、なんといってもお手頃価格で続けやすいことです!

先に紹介した2つの美容液、少し値段が高くて・・・という方にはこちらのLIFTest プロテオグリカン原液がおすすめです。

低価格の理由は、おそらく成分にあると思います。
上の2つはプロテオグリカンのみを使用しているのに対し、こちらはプロパンジオールを使用しています。

え?100%プロテオグリカンじゃないの?と思われるかもしれませんが、プロパンジオールは高い保湿力に加え、抗菌効果や防腐効果もあり溶剤効果として非常に重宝されている成分です。

プロパンジオールとは、植物デンプンを発酵の過程まで変化させて得られる100%植物由来でできているグリコールのことを指します。
植物由来ですので安心です。

また、フェノキシエタノールという防腐剤も入っていますが、超敏感肌の方やアレルギーを持っている方でなければ、品質を保つためのもので肌に大きく影響するとは考えられません。

嬉しいお試しサイズもありますので、まずは試してみるといいですね。

 

商品詳細

【fracora】フラコラ
LIFTest プロテオグリカン原液
■内容量:30ml(朝晩使用約30日分)
■価格:単品価格3,600円(税込)
■全成分表示:水、BG、プロパンジオール、水溶性プロテオグリカン、フェノキシエタノール
■販売元:株式会社協和

 

まずは「お試しサイズ」で!

LIFTest プロテオグリカン原液
お試しサイズ
■内容量:1本15ml(朝晩使用約15日分)
■初回限定価格:980円(税込・送料無料)

なんとお一人様3本まで購入可能です!

 

プロテオグリカン原液美容液の使い方

美容液を使う目的は、お肌の悩みを予防・解消し、健やかで美しい素肌を保つことです。
プロテオグリカン原液美容液は、保湿を基本としたエイジングケアを目的として作られています。

そんな美容液ですが、使い方を間違っていては、せっかくの良い美容液が肌に十分浸透しません。
正しい使い方をマスターし、効果を最大限に引き出しましょう!

 

美容液を付ける順番は?

美容液を付ける順番は、基本的に化粧水の後です。

スキンケアの一般的な順番
  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. クリーム

 

基本的に「水分の多いもの」⇒「油分の多いもの」という順番です。
油分が多いものを先に使うと、水溶性のものは肌に浸透しません。

 

美容液のつけ方

  1. 美容液を適量手のひらにとる
    使用料はそれぞれの美容液の説明書を参考にしましょう。
    保湿美容液の場合は乾燥の具合によって調整しましょう。
  2. 押さえるようになじませる
    手のひらを使い美容液を広げ、両手で押さえるようになじませます。
    まずは頬から始め、目の周り、小鼻などの細かい部分も丁寧に広げます。
  3. マッサージで浸透力アップ
    顔全体につけた美容液を、顔の中心から耳の下のリンパに向かって優しくマッサージします。
    ただ、肌が敏感になっている場合はこのステップは飛ばしましょう。
  4. 仕上げに押さえて馴染ませる
    目のまわりやフェイスラインを手のひら、指の腹で押さえてなじませましょう。

 

とりあえずターンオーバーサイクル期間は続けてみる

化粧品を試すとき、1~2週間ほど使用して自分に合う合わないと判断してしまう場合があります。

肌はターンオーバーという一定の周期(サイクル)によって常に新しく生まれ変わっています。
とりあえずこのサイクル期間だけでも使い続けてから評価しましょう。

ターンオーバーの周期(サイクル)は、個人差があり、また年齢によっても違います。

一般的には、20歳代の女性では28日程度、30~40歳代では約45日程度といわれています。
このように年齢を重ねるにつれ新陳代謝は低下しターンオーバー周期も長くなります。

まずはこの期間だけでも使い続けた上で判断しましょう。

 

清潔にして早めに使い切る

肌へのやさしさを考え、できる限り防腐剤などの添加物が入っていない美容液を選びたいと考える人は多いと思います。

その場合、清潔に保つと同時に、開封したら一定期間で使いきることが大切です。

一般的に、未開封の場合の保存可能な期間は3年
また、一度開封したら1~2か月を目安に使い切りましょう。

これはあくまでも目安ですので、美容液の説明署の記載されている期限を守りましょう。

 

まとめ

プロテオグリカン原液の美容液を紹介しました。

エイジングケアの基本は何といっても保湿です。
プロテオグリカンの持つ高い保水力と、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける働きを、今日紹介したプロテオグリカン原液で、是非とも実感してみてくださいね。

プロテオグリカンについてもっと詳しく知りたい方はこちらへ。
⇩ ⇩ ⇩
エイジングケア最強の味方プロテオグリカン化粧品の効果とは?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です