【乾燥肌対策】食べ物で改善!乾燥肌に効く究極レシピ

お肌が乾燥する寒い季節、乾燥肌対策に化粧水を一生懸命お肌に浸透させたり、クリームを塗ったり・・・
なのに、なかなか改善しないとお悩みではないですか?

もちろん乾燥を防ぐために化粧品などでの保湿ケアは必要ですが、それはあくまでも水分を逃がさないためのケアに過ぎません。
肌の水分は本来、外から取り入れるものではなく、肌の内側から湧き出るものなんです。

外側からのケアには重要な役割あります。
それは、内側から湧き出た水をしっかりキープすることです。

これが「保湿」です。

こう考えると、肌が自ら水分をつくり出すために、体の内側からのケアがいかに大事かわかりますよね。

そして、体の内側からのケアに絶対必要なのが「食事」です。

この記事では、身体の内側から乾燥肌を改善するための食べ物についてまとめています。
今すぐできる、乾燥肌に効く究極レシピも紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乾燥肌になる原因

肌の乾燥は、季節によるものだけでなく、生活面からもさまざまな原因があります。

季節的な原因
  • 湿度の低下による空気の乾燥
  • 夏に浴びた紫外線の影響
  • 季節の変わり目の体調不良
  • 皮脂や汗の分泌が減少   など

季節による原因も、冬の乾燥だけではありません。夏の紫外線や、季節の変わり目によくある体調不良など、ほぼ1年を通して乾燥肌の原因はあるんです。

また、皮脂や汗の分泌の減少は、季節だけでなく加齢によって代謝が悪くなることも大きく影響しています。

生活面の原因
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 残暑疲れや忙しさによるストレス疲労   など

生活面でも原因はさまざま。
規則正しい生活を送ることは、健康な肌にとって必要不可欠ですね。

この中でも特に「食べ物」が肌に与える影響は意外に大きいものです。

 

スポンサーリンク

乾燥肌対策になぜ食事が大切なのか?

食べ物が身体に与える影響が大きいことはよく理解できるのだけれど、乾燥肌にとって食べ物は重要なんでしょうか?
ここからは、どうして「乾燥肌」にとって、食べ物がどれほど大切なのかを見ていきましょう。

 

「乾燥」は身体からのメッセージ

大人の場合、体の中の水分は約60%と言われています。
赤ちゃんの頃には75%だった水分は、年齢とともに徐々に失われていきます。
ところが、70歳になっても50%は水分なんです!

人間の体にとって、水分は必要不可欠なものです。
そして、この水分はどこから取り入れるかというと、口から入る食べ物・飲み物です。

また、水分に限った話ではなく、食べ物は身体の健康に大きく影響を及ぼします。

バランスの良いよい食事を取り入れることができれば健康な体に近づくことができますし、偏った食事を続けて栄養が不足すると、不健康な体なります。

 

そして、「皮膚」もその身体の一部です。

肌に潤いを与える栄養が足りなくなった皮膚は、「乾燥」という形でメッセージを送ります。
カサカサになったり、かゆみがでたり・・・。

その時、化粧水をたっぷりとつけたり美容液をつけるだけでなく、体の内側から肌に潤いを与え、乾燥を防ぐ「食べ物」「飲み物」を摂取することはとても大切なことですね。

 

乾燥肌には代謝が大きく影響している

肌に影響を与えているものには、皮膚の「バリア機能」「ターンオーバー」があげられます。

皮膚はターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝によって、日々新しく生まれ変わっています。
ターンオーバーが正常でないと、細胞はゆらいでバリア機能が低下し、肌に潤いを保っておくことができなくなってしまいます。

そしてこのバリア機能を担っているのがこの3つ。

  • 皮脂膜
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 角質細胞間脂質(セラミドなど)

これらは、バリア機能と同時に、肌内部の水分を逃がさず捕まえておく保湿成分でもあります。

年齢や不規則な生活が原因で、この代謝が正常に働かないとターンオーバーがうまく行われず、肌の潤いを保つこれらの栄養も少なくなってしまいます。

そして、これらの成分は、たんぱく質の元であるアミノ酸や脂肪などの食べ物から摂る栄養素からできているのです。

この代謝(ターンオーバーが)の働きを助けるために、日々のバランス良い食生活はとても大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乾燥肌のために摂りたい食べ物

 

美肌に欠かせない栄養素はビタミン類です。
代表的なビタミン類の主な働きがこちら。

美肌づくりに欠かせないビタミンの種類と役割
  1. ビタミンA (レバー・うなぎ・ほうれん草など)
    肌の潤いを保ち肌の乾燥を防ぐ。
  2. ビタミンB群(豚肉・納豆など)
    肌のターンオーバーを正常化させる。
  3. ビタミンC (レモン・いちごなど)
    肌の潤いを保つために必要なコラーゲンの生成を助ける。
  4. ビタミンE (アーモンド・アボカドなど)
    血行促進効果があり、代謝を助ける。

 

積極的に摂りたい“ビタミンA”

ビタミンはどれを摂っても、お肌にいいものばかり。
その中でも乾燥肌対策に積極的に摂取したいのがビタミンAす。

ビタミンAは、肌のターンオーバーを調整し、本来の健康でみずみずしい肌へ生まれ変わるのをサポートしてくれます。

 

“ビタミンA”が豊富な食材TOP10

(数字は100gあたりのビタミンA含有量です)

  • 1位 鶏レバー・・・・・14000μgRAE
  • 2位 うなぎ(蒲焼)・・1500μgRAE
  • 3位 モロヘイヤ ・・・840μgRAE
  • 4位 にんじん ・・・・720μgRAE
  • 5位 春菊 ・・・・・・380μgRAE
  • 6位 ほうれんそう ・・350μgRAE
  • 7位 とうみょう ・・・340μgRAE
  • 8位 西洋かぼちゃ ・・330μgRAE
  • 9位 大根の葉 ・・・・330μgRAE
  • 10位 ルッコラ     ・・・・300μgRAE

 

このほかにビタミンAが多く含まれる食材として、

にら・小松菜・かぶの葉・菜の花(和種)・チンゲン菜・プルーン(乾)・赤パプリカ・ミニトマトなどがあげられます。
野菜は緑黄色野菜に多く含まれます。

ちなみに野菜にはβカロテンという形で含まれていますが、体内に入るとビタミンAに変換されます。

 

陰の立役者“鉄分”で代謝UP

 

乾燥肌は、血行不良により代謝が悪くなることで起こるターンオーバーの乱れによる場合もあります。
そこで、血行を促す働きをしてくれるのが鉄分です。

 

“鉄分”が豊富な食材TOP10

(数字は100gあたりの鉄分の含有量です)

  • 1位 レンズ豆(乾)    9.0mg
  • 2位 鶏レバー・・・・9.0mg
  • 3位 刻み昆布・・・・8.6mg
  • 4位 しじみ・・・・・8.3mg
  • 5位 高野豆腐・・・・7.5mg
  • 6位 牛レバー・・・・4.0mg
  • 7位 あさり・・・・・3.8mg
  • 8位 がんもどき・・・3.6mg
  • 9位 納豆・・・・・・3.3mg
  • 10位 菜の花(和種)  2.9mg

 

このほかに鉄分が多く含まれる食材には、小松菜・枝豆・厚揚げ・牛ヒレ・そら豆・ほうれん草・かつお・大豆(水煮)・ルッコラなどがあります。

スポンサーリンク

乾燥肌を撃退する究極レシピ

乾燥肌対策に摂りたい栄養素「ビタミンA」と「鉄分」を多く含んだ、おすすめレシピを紹介しますね。

 

①鶏レバーとネギの味噌煮

鶏レバーはビタミンA鉄分の両方をたっぷり含んでいる、乾燥肌対策にはまさしくナンバーワンの食材です。
鶏レバーは、牛や豚のレバーよりも臭みが少なく、自分で調理するのに抵抗がある人も意外と扱いやすい食材です。

 

材料(2人前)

  • 鶏レバー 400g
  • にんにく 1かけ
  • しょうが 1かけ
  • ネギ   1/2本
  • 煮汁(水大さじ2、みそ・みりん・酒各大さじ1)

 

作り方

  1. レバーは脂肪、血管、血のかたまりと除きよく洗う。食べやすい大きさに切り、熱湯でサッとゆでる。
    (臭みが気になるようなら、洗った後塩水に20分程度つけてから茹でる)
  2. ボールに①を入れ、みじん切りにしたにんにくとしょうが、しょうゆ大さじ1を加えてまぜ合わせる。
  3. 鍋に煮汁用の調味料と水を入れまぜ合わせ、薄切りにしたネギ、②の鶏レバーをつけ汁ごと入れる。
  4. 焦げ付かないようときどき混ぜながら、汁気がなくなるまでよく煮込む。
 
 
 

 ②ほうれん草と卵のココット

ほうれん草は豊富なビタミンA に加え、鉄分も摂ることができます。
調理しやすいので、いろいろな料理にアレンジできる万能食材です。

また、卵を加えることでタンパク質・ビオチンも摂ることができます。
なんといっても簡単で手軽にできるレシピは嬉しいですよね。

 

 

材料(1人分)

  • ほうれん草  2/3束
  • 卵      1個
  • チーズ    適量
  • バター    適量
  • 塩・コショウ 適量

 

作り方

  1. ほうれん草は全体の長さを4等分に切る。
  2. フライパンにバターを熱し、ほうれん草をサッと炒め塩・コショウで味を付ける。
  3. ココットに適量のバターを塗り、炒めたほうれん草を入れる。
  4. ほうれん草の上に卵をのせ、卵がかぶるくらいのとろけるチーズをのせ、オーブンで6、7分焼く。

 

③ひじきと大豆の煮物

鉄分豊富なひじきの煮物は、日本の家庭料理の定番。
そこに、大豆をたっぷり加えることで、さらにたくさんの鉄分と、良質なたんぱく質を摂ることができます。

材料(2人分)

  • 乾燥ひじき  10g
  • 大豆(水煮) 100g
  • にんじん   1/4本
  • こんにゃく  50g
  • 油揚げ    1/2枚
  • だし     220cc
  • 酒      大さじ1
  • しょうゆ   大さじ1.5
  • みりん    大さじ1

 

作り方

  1. にんじん、こんにゃく、油揚げは好みの大きさに刻んでおく。
  2. ひじきは水でもどし、よく洗い、長いものは包丁を入れておく。
  3. だしで①②を煮る。
  4. 煮立ったら酒、しょうゆ、みりんで、煮汁がなくなるまで煮る。
 
 
 

乾燥肌におすすめできない食べ物・飲み物

乾燥肌にいい食べ物がある反面、過度に摂取することをオススメできない食べ物や飲み物があります。

え、これが?と思う意外な食材もあるかもしれません。
日ごろの食習慣を見直してみてくださいね。

 

ファストフード・スナック菓子

ファストフードやスナック菓子には、塩分・脂肪分がたくさん含まれています。
塩分・脂肪分が多い食べ物を摂りすぎると、体の代謝が悪くなることがあると言われています。

代謝の悪化すると、健康で潤いのある肌が失われてしまい乾燥肌の原因となります。

食べてはいけないということではなく、食べすぎには注意し、そのほかの食事でバランスを取るよう心がけることが大切です。

 

冷たい飲み物・コーヒー

冷たい飲み物も代謝が悪くし、肌が乾燥する原因となる場合があります。
飲み物だけでなく、アイスクリームなどにも同じことが言えます。

また、コーヒーに多く含まれるカフェインには、同じく体を冷やす働きがあると言われています。

カフェインには利尿作用を促す働きがあり、多くの水分が排出されるので、体も肌も水分が不足しやすくなってしまいます。

くれぐれも飲みすぎには注意しましょう!

 

身体を冷やす食べ物

乾燥肌と身体の冷えは、一見関係ないように感じるかもしれません。
ところが、体が冷えると血行が悪くなり、肌に栄養が行き渡らなくなります。

その結果、代謝が悪くなり、肌に潤いがなくなってきてしまうんです。

 

身体を冷やす食材
  • 豚肉
  • レタス
  • きゅうり
  • なす
  • パイナップル
  • グレープフルーツ
  • キウイ
  • 豆腐
  • 白砂糖
  • マヨネーズ  など

 

意外なところで、全体的に体を温める働きをする肉の中で、唯一豚肉が体を冷やす傾向にありますね。
野菜や果物も、体を冷やす傾向にあるものがたくさんあることに驚きます。

ただ、冷やす食べ物だからといって敬遠することはありません!

豚肉には、脳や体の疲労回復に働きかけるビタミンB1がどの食材よりも多く含まれてますし、野菜にはビタミン食物繊維、果物には酵素もたっぷり含まれています。

これらの食べ物をひかえて冷えを予防するよりも、身体を温める調味料を加えたり、飲み物を取り入れるなどの工夫でバランスを取るのがいいですね。

 

身体を温める食材
  • 黒砂糖(黒糖)
  • 味噌
  • しょうゆ
  • ラー油
  • 唐辛子
  • 明太子
  • 佃煮
  • キムチ  など

 

身体を温める飲み物

  • しょうが湯
  • 黒豆茶
  • ほうじ茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 赤ワイン
  • 日本酒  など

 

身体を冷やす豆腐はキムチチゲにしたり、きゅうりはお味噌で。
またフルーツは、ほうじ茶や紅茶など一緒に摂ることで、体を冷やす成分を緩和させることができます。

ちょっとした工夫で、体の冷えを予防することができるんです。
是非お試しくださいね。

 

かゆみを悪化させる食べ物・飲み物

乾燥肌は、肌の水分が少なく潤いがなくなるので、バリア機能が低下しています。
バリア機能が低下すると、外部からの刺激に弱く、かゆみが生じます。

そのかゆみを悪化させる食べ物はなるべく避けたいものですね。

かゆみを悪化させる食べ物
  • 魚介類
  • チョコレート
  • お酒

これらの食べ物に入っているのは、「ヒスタミン」というかゆみを引き起こす成分や、ヒスタミンを作り出すもとです。
特に魚介類には多く含まれているので、かゆみがひどい場合などは特に注意しましょう。

 

サプリを上手に取り入れよう!

乾燥肌対策には、内側からのケアがとても大切です。

ただ、実際にこれを日々の生活に取り入れるのは大変・・・という方もいるかもしれません。
そんな時は、サプリメントに頼っているのも一つの手です。

食事は速効性がない分、長期的なケアが必要になります。

もっと早く効果を実感したい、今の食生活を変えずになんとかしたいという方は、サプリメントをうまく取り入れていくことをオススメします。

 

乾燥肌におすすめサプリ♪

肌のハリを実感したい・・・そんなときおすすめのサプリを紹介しますね。

肌に潤いを与えるサプリはたくさんありますが、今回おすすめするサプリ「すっぽん小町」は、良質な国産高級すっぽんを丸ごと100%使用しています。

コラーゲンは、分子量の大きさから、化粧品で補うことは難しいと言われています。
「すっぽん小町」には、コラーゲンのもとになるアミノ酸の量が黒酢の91倍!
これがぷるぷるの源です。

『すっぽん小町』(すっぽんコラーゲンサプリメント)

===商品の特徴====

【特徴1】こだわりの佐賀県「はがくれすっぽん」コラーゲンの素がたっぷり!
何と言ってもコラーゲンの質にこだわってます!

築地市場で高級ブランドとして扱われている佐賀県産の「はがくれすっぽん」のみを使用しています。

【特徴2】コラーゲンの素である良質でバランスのいいアミノ酸を!
必須アミノ酸全9種を含む、19種のアミノ酸をバランス良く備え、肌まで届く良質なコラーゲンの素であるアミノ酸をたっぷり含んでいます。

【特徴3】お肌だけじゃない!「疲れ」も撃退!
昔から、すっぽんは「元気になる」滋養食として有名ですよね。

すっぽんには、コラーゲンの他にも女性の美をサポートするビタミンE・鉄・マグネシウム・亜鉛・カルシウムなどの栄養素がたっぷり含まれています。
そんな希少価値の高い食材すっぽんで、女性の美と元気を総合的にサポートしてくれます。

【特徴4】キレイを実感、リピート率は約90%!
1日約98円というコストパフォーマンスで「キレイに元気になれる」実感力が人気を支え、リピート率は約90%以上、販売数は1,000万袋を突破しています。

お手軽なのに効果は絶大で、仕事や家事で忙しい女性や育児中のママさんも続けやすいんです。

WEBで購入できます。

この商品が気になったら、WEBで簡単に購入できます。

  • 商品名・・『すっぽん小町』(すっぽんコラーゲンサプリメント)
  • 容量・・・1袋62粒入り(約1ヵ月分) ソフトカプセル
  • 価格・・・通常価格 3,024円(税込)全国送料無料
  • 定期コース 毎回全国送料無料
    ・毎月1袋お届け
    10%OFF 1袋当たり 2,721円(税込)
    ・2ヶ月毎2袋お届け
    15%OFF 1袋当たり 2,570円(税込)/2袋合計 5,140円(税込)
    ・3ヶ月毎3袋お届け
    15%OFF 1袋当たり 2,570円(税込/3袋合計 7,711円(税込)

 

 

コラーゲンについては、コラーゲン効果で美肌を取り戻すために絶対知っておきたいこと!で詳しく説明しています。

 

まとめ

この記事では、食べ物や飲み物が乾燥肌対策にはとても大切だということについてまとめてきました。

肌が乾燥してくると、ついつい化粧品でなんとかしようと考えがちですが、食べ物が与える影響は思いのほか大きいようですね。

毎日の食生活を見直し、乾燥に負けない潤いのあるお肌を目指しましょう!

まずは第一歩、

朝は納豆を食べる・・・
コーヒーを紅茶に変えてみる・・・
野菜は緑黄色野菜を中心に食べる・・・

など、できるところから始めるといいですね。

 

【関連記事】乾燥肌対策にこちらの記事も参考にしてくださいね♪
【2018年】乾燥肌に効くオールインワン化粧品おすすめ7選
乾燥肌のファンデーションおすすめ7選!高保湿で肌に優しいアイテムを厳選
【乾燥肌】顔がかゆい原因と対策!掻くほどかゆくなる悪循環を止めるには?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です