【肌のくすみ】6つの原因と解消法|なんだか顔色が冴えない…疲れて見える…そんな時にやるべきこと

「今日はなんだか顔色が冴えてない・・・」
「メイクのノリが悪い・・・」

そんな経験ありませんか?
もしくは、家族や友人に、

「なんだか、顔が疲れてるよ」

なんて指摘されてショックを受けることも・・・。

体長は悪くないのに顔色が冴えなかったり、ファンデーションが浮いてしまったり。
また、自覚症状もないのに顔が疲れて見えるときは、「肌のくすみ」が原因かもしれません。

この記事では、肌のくすみの原因と予防・解消法をまとめています。

今すでにくすみで悩んでいる方は、くすみの原因を突き止め、明るいツヤのある肌を取り戻しましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「くすみ」とは?

くすみとは、肌に透明感がなくなり、明るさやツヤが感じられない肌状態のことです。

シミができるメカニズムとほぼ同じですが、シミはできやすいポイントにできてしまうのに対し、くすみは広範囲に、ひどい場合は顔全体に現れます。

くすみによって、顔全体の印象が暗くなるので、顔色が冴えず疲れている印象を与えたり、実年齢より老けて見えてしまうこともあるんです。

また、くすんでいるとファンデーションが浮いてしまうなど、化粧のノリが悪くなってしまいます。

くすみんだ肌は健康な状態ではないので、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす原因に。
できる限りくすみの原因はつくらないように心がけて、できてしまったくすみはいち早く解消したいものですね。

 

スポンサーリンク

くすみの原因

くすみの原因は1つではないんです。
さまざまな原因によって対策も違ってくるので、自分の肌のくすみがどのような状態なのかを理解することが大切です。

ここでは、くすみの原因をは大きく5つに分けることができます。

 

①「老化」によるくすみ

こんな症状・・・
肌が薄茶色になる
肌全体が硬く、ゴワついている。

 

老化によるくすみは、古い角質が肌に溜まってしまうことで起こります。

人間の肌は、日々新しく生まれ変わっています。
表皮のいちばん下でつくられた新しい細胞は、肌の表面の角層まで徐々に押し上げられていきます。
最終的に古い角質は、垢となって剥がれ落ちます。
これがターンオーバーと言われるものです。

このターンオーバー、残念なことに年齢を重ねるにつれ正常に働かなくなり、周期も遅くなります。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちることができず、肌に残ってしまいます。
残った古い角質によって角層は厚く硬くなり(角質肥厚)、くすみの原因となってしまうのです。

老化くすみはこのように、加齢によるターンオーバーの乱れが大きな原因ですが、若い方も油断はできません。

不規則な生活をしていると、若くてもターンオーバーは乱れてしまうのです。

 

②「汚れ」によるくすみ

こんな症状・・・
毛穴の黒ずみなどと伴い、肌が黒っぽくなる。

 

埃などの汚れや、メイクが落としきれずに顔に残っていたり、古い角質が肌に溜まっていたりするとできるくすみです。

肌に残ったファンデーションは、毛穴から出る皮脂と混ざり合って酸化し、黒く変色します。
これがくすみの原因となります。

先ほどお話した古い角質も、健康な肌ならば垢となって落ちるものですので「汚れ」の一種です。

特に普段しっかりメイクをする人や、メイクを落とさずに寝てしまう日がある…という方に出やすいくすみですね。

 

③「乾燥」によるくすみ

こんな症状・・・
肌の色が灰色っぽく見える。

 

乾燥によるくすみは、まさしく肌の乾燥が原因で起こります。

肌は乾燥して水分を失うと、バリア機能が低下します。
すると肌はそれを補おうとして、角質が徐々に厚くなっていっていきます。

こうなるとやはり先ほどお話した角質肥厚と同じ状態になります。

特に乾燥肌の人は注意しなければならないくすみです。

 

④「血行不良」によるくすみ

こんな症状・・・
肌が青暗く見える。

 

血行不良によるくすみは、体内の血液の流れが悪ことで表れます。

睡眠不足などで血流が滞ってしまうと血色が悪くなり、肌が青暗く見えてしまいます。

生活習慣が乱れがちな人や、顔がむくみやすい方は、特に起こりやすいくすみです。

 

⑤「メラニン」によるくすみ

こんな症状・・・
全体的に肌が茶黒く見える。

 

メラニンによるくすみの多くは、紫外線が原因です。

紫外線を浴びると、肌の奥ではメラニンがつくられます。
メラニンはシミのもとになる黒い色素ですが、くすみはこれが顔の広範囲におよびます。

このメラニンは肌を守るはたらきをします。
肌のターンオーバーが正常に行われていれば、このメラニンは古い角質と一緒に自然に剥がれ落ち、シミやくすみになることはありません。

しかし、紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰につくられると、メラニンが排出しきれず皮膚の奥に残ってしまうのです。
これがメラニンによるくすみです。

 

⑥「糖質・脂肪過多」によるくすみ

 

こんな症状・・・
肌の色が黄色く、くすんで見える。

 

黄ぐすみと言われるこの症状は、「カルボニル化」と「糖化」の大きく2つの原因に分けられます。

■カルボニル化

カルボニル化によるくすみは、脂肪の分解質とタンパク質が結びつくことによって起こります。
脂質の過剰摂取などが主な原因です。

■糖化

糖化によるくすみは、糖質とタンパク質が結びつくことによって起こります。
炭水化物や砂糖などに含まれる、糖質を過剰に摂取することが主な原因です。

どちらにも共通する原因には、ストレス加齢、喫煙、紫外線などがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くすみの予防と解消法

それでは、それぞれのタイプのくすみに効く解消法を、紹介していきますね。

 

①「ピーリング」でターンオーバーの働きを促す

このタイプのくすみに・・
・「老化」によるくすみ
・「汚れ」によるくすみ
・「乾燥」によるくすみ
・「メラニン」によるくすみ

 

古い角質が溜まってしまう「角質肥厚」によるくすみは、ピーリングがおすすめです。

本来いちばん大切なのは保湿することによって皮膚を柔らかくし、古い角質を剥がれやすくすることです。

ところが、角質が厚く硬くなった状態では、保湿ケアをしてもなかなか肌の奥まで浸透しません。

 

ここで登場するのが、今回おすすめする「ピーリング」という方法です。

ピーリングで一度古い角質を取り除くことによって、美容液などの保湿成分が浸透しやすくなり、くすみが緩和されます。

ただ、ピーリングは肌にとっては刺激でもあるので、必ず使用方法を守って使いましょう

自分に合ったピーリングの種類・成分(低刺激なAHAなど)を選び、使用方法や頻度を守れば、過度に副作用を心配する必要はありません。

そのために、いくら低刺激でもやりすぎには注意し、「自分の肌に合っているか」を二の腕などでパッチテストして確かめるなど、副作用を起こさないようにする配慮はしたいものです。

また、使用後にしっかり保湿するなどのアフターケアはとても重要です。

(引用:ピーリングの効果とは?危険じゃない?敏感肌・乾燥肌でもできる角質ケア)

 

また、日ごろのケアで古い角質を溜めないことが、くすみ予防につながります。

汚れや古い角質は正しい洗顔で取り除き、セラミドなどの保湿成分で肌の奥に水分を閉じ込めることで、くすみのない健康な肌へと変わっていきます。

正しい洗顔方法

  1. ぬるま湯で顔をぬらす
  2. 洗顔料を「よく」泡立てる
  3. Tゾーン⇒Uゾーン⇒目元口元の順に、円を描くように“ゆさゆさ”と泡を動かしながら汚れをなじませる
  4. 人肌程度のぬるま湯で丁寧にすすぐ
  5. 清潔なタオルで、こすらずにやさしく水分をふき取る

 

洗顔の注意点

  • ゴシゴシと擦ったり、長時間の洗顔は肌へのダメージが大きいので、洗う際は優しく、泡を顔にのせている時間の目安は1分~1分半程です。
    あくまでも洗浄剤だということを、忘れないようにしましょう。
  • 洗い流すお湯の温度は一定の温度を保ちましょう。
  • 最後に冷水で毛穴を引き締めるという方もいます。
    ただ、毛穴が引き締まったと感じるのは、そのときだけで30分も続きません。
    また、急激な水温の変化で、赤ら顔の原因になる場合もあります。

 

「老化・汚れ・メラニン・乾燥」によるくすみにおすすめ化粧品

肌に溜まった角質を取り去ることができるピーリングですが、肌に刺激があるのも事実です。
今回は、ピーリングに抵抗のある方、乾燥肌・敏感肌でピーリングをするのはちょっと怖い・・・そんな方におすすめの化粧品を紹介します。

【Dr.Shimura 角質ケアローション】

ドクターシムラ角質ケアローション
おすすめポイント!

  1. 肌表面の汚れや古い角質に働きかけ、肌のターンオーバーの乱れを整える。
  2. 紫外線トラブルにアプローチし、透明感アップをサポート。
  3. 肌の潤いをしっかりキープ。乾燥知らずの肌へ。

 

肌の汚れや角質に働きかけるローションです。
ピーリングやスクラブのように肌表面を剥がす刺激の強いものではありません。

美容皮膚科医がプロデュースしているので、とにかく安心・安全!
ピーリングに抵抗がある方や、乾燥肌・敏感肌の方でも安心して使うことができますよ。

 

WEBで購入できます!

この商品が気になったら、WEBから簡単に購入できます。

【Dr.Shimura 角質ケアローション】
内容量:28ml
全成分表示:水、BG、ペンチレングリコール、クエン酸Na、グリコール酸、PCA-Na、クエン酸、3-O-エチルアスコルビン酸
本体価格 4,590円(税抜)
今なら最大20%OFFになるチャンスも!

 

②「保湿」成分を与える

このタイプのくすみに・・・
「乾燥」によるくすみ
 
乾燥した肌の角質はグレー味が強く、特に冬に多いくすみの原因です。
 
乾燥によるくすみは、やはり「保湿」が何よりも大切です。
 
保湿は、セラミドヒアルロン酸など保湿効果の高い成分が配合されているものを選びましょう。
 
よく、化粧水をたっぷりと肌に浸み込ませることで保湿されたと勘違いしている場合があります。
化粧水の主成分は水なので、時間がたつと蒸発し再び乾燥してしまいます。
 
セラミドなどの美容成分で、肌内部の水分をキープすることが、正しい意味での「保湿」になります。
 
 
また、「セラミド」について詳しく知りたい方は、セラミドとは?効果と重要性【失敗しないセラミド化粧品の選び方!】を参考にしてください。
 
 

「乾燥によるくすみ」におすすめ化粧品

セラミドなど保湿成分にこだわった、なんと水を一切使用せず、95%が美容成分という贅沢なオールインワンジェルクリームです!

モンドセレクション8年連続最高金賞受賞!
オールインワンジェル
TRINITYLINE(トリニティーライン)

 

通常購入 3,800円(税抜)+送料
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今なら定期コース初回購入限定 1,900円(税抜)送料無料!

化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1本に!
モンドセレクション8年連続(※2010~2017年8年連続受賞) 最高金賞受賞のオールインワンジェルです。

「トリニティーライン」おすすめポイント♪

  1. 水を一切加えず95%以上を美容成分で満たす新発想
  2. 高保湿、セラミドケア成分を従来の55倍の高濃度配合!
  3. 肌にやさしい使い心地
    無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、
    ノンパラベンアレルギーテスト済み、パッチテスト済み、
    乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済、連用テスト済です!
  4. 忙しい朝も簡単、でもオールインワンタイプにありがちな物足りなさはありません!

WEBで購入できます!

この商品が気になったら、WEBでの購入が簡単です。
お得な定期コースもありますよ♪

オールインワンジェル
TRINITYLINE(トリニティーライン)
通常購入 3,800円(税抜)+送料
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今なら定期コース初回購入限定 1,900円(税抜)送料無料!

 

③速効性のある「パック」で!

このタイプのくすみに・・・
「乾燥」によるくすみ
「血行不良」によるくすみ
 
パックには、肌を密閉して成分をぎゅっと肌に押し込むことで、速効性が期待できます。
 
パックにもさまざまな種類があります。
くすみ対策には、「アンチエイジング」タイプもものを選びましょう。
特に、血行不良によるくすみは、肌に活力を与え血流を活性化させる効果のある「炭酸パック」が効果的です。

また、保湿成分が含まれているものを選べば、同時に保湿もできますね。
 
パックを使うとき、無駄に長時間張り付けていても意味がありません。
かえって肌に負担をかけることにもなってしまいます。
使用時間の目安は守ったほうがいいですね。
 
 

「乾燥・血行不良によるくすみ」におすすめパック

暗くてどんよりした肌に、濃密炭酸泡と美白成分の力で、明るくツヤのある素肌を取り戻しましょう!

【フォーマルクライン】
美白炭酸ジェルパック
3回分通常価格5,480円

(引用:株式会社フォーマルクライン)

美白炭酸ジェルパックおすすめポイント♪

  • 高濃度炭酸が毛穴の汚れをごっぞりオフ!
  • 炭酸の刺激でお肌が活性化!
  • 美白有効成分で透明ツヤ肌を実現!
  • ビタミンCの600倍の美容パワーで集中エイジングケア
  • 天然由来の保湿成分配合で潤い肌へ
  • 成分はすべて無添加だから安心

炭酸の力で肌がポカポカ!
血行不良によるくすみに効果的です!

WEBで購入できます。

この商品が気になったWEBで購入することができます。

今なら「速効実感モニターコース」で初回がなんと980円!
パックの速効性を試してみてくださいね。

【フォーマルクライン】
美白炭酸ジェルパック
3回分通常価格 5,480円

「速効実感モニターコース」なら初回のみ82%OFF⇒980円
・30日間全額返金保証
・送料無料
・2回目以降20%OFF

 

④「マッサージ」で血行を促す

 

このタイプのくすみに・・・
「血行不良」によるくすみ
「老化」によるくすみ
 
肌の色は、血液に酸素が充分にいきわたっていれば、明るいピンクがかった血色の良い肌色をしています。
ところが、血行が悪くなると酸素不足になり血液の色が暗くなり、くすんで見えます。
 
改善方法として、血行を促すマッサージが効果的です。
 
マッサージクリームをたっぷりつけ、優しく円を描くように顔全体をマッサージしましょう。
 
この時、くれぐれも力を入れてこすりすぎないようにしてくださいね。
 
また、古い角質が溜まって厚く硬くなった「老化」によるくすみも、マッサージは有効的です。
マッサージすることで柔らかくするとともに、古い角質を剥がれやすくする効果もあります。
 
 
血行不良は顔に限らず、適度な運動体のマッサージで全身の血行をよくするのことが大切です。
 
 
 

⑤正しい生活習慣を心がける!

このタイプのくすみに・・・
「糖質・脂肪過多」による黄ぐすみ
「血行不良」によるくすみ

糖分と体内のタンパク質が結びつき肌を黄色くくすませる「糖化」は、甘い物やアルコールを摂りすぎることで起こります。
また、「カルボニル化」という脂質と体内のタンパク質が結びつき肌を黄色くくすませる現象は、脂肪をとりすぎることが原因です。

これらの糖分や脂肪はなるべく控え、バランスの良い食生活を心がけましょう。

■ターンオーバーが原因のくすみ解消・予防に効く栄養素は・・・
・ビタミンE 
・良質なたんぱく質

■「乾燥」によるくすみには・・・
・ビタミンA

■「血行不良」によるくすみには・・・
・ビタミンE
・鉄分

これらの成分が有効的ですので、積極的に取り入れましょう。

 

また、睡眠不足不規則な生活による血行不良は、くすみの原因になりますので、しっかりと質の良い睡眠をとりたいですね。

喫煙も肌にとって百害あって一利なしです。
喫煙は、毛細血管の働きが弱まるので、肌に酸素や栄養が行き渡らず血行不良となります。
お肌のためには喫煙はおすすめできません。

さらに、趣味の時間を持つなど、ゆったりくつろげる自分だけの過ごし方を見つけてストレス溜めない生活も、心がけたいものですね。

 

まとめ

くすみの原因と予防・解消法をまとめてきましたが、いかがでしたか?

シミやしわ、ニキビなどは自覚症状としてはっきりとわかるので気にするのですが、肌のくすみは自分でも気が付かないうちに悪化している・・・なんてこともあるかもしれませんね。

にも関わらず、くすみって意外と人に与える第一印象の決め手となりますから見過ごすことはできません!

さまざまなタイプがあるくすみ・・・自分の肌の状態がどのタイプなのかを理解して、予防・改善していくことが重要なポイントですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です