セラミドとは?効果と重要性【失敗しないセラミド化粧品の選び方!】

最近、「セラミド配合」という言葉をよく目にしますね。

特に、乾燥肌対策の化粧品に使われるセラミドですが、この「セラミド」とは、いたいどんなものなのでしょうか?

なぜ「セラミド」が肌にいいのか?
そもそもこの「セラミド」はそれほど肌に必要なものなのか?

この記事では、「セラミド」について詳しくまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「セラミド」っていったい何?

なんとなく肌に良さそうな成分だということはわかるんだけど、いったい「セラミド」って何だろう?
こんな方は、意外に多いかもしれませんね。

肌に必要な美容成分をしっかり理解することは、美肌を目指す上でとても重要なことです。

ここでは「セラミド」について、しっかりと理解を深めていきましょうね♪

 

「セラミド」とは?

 

セラミドとは(ceramide)・・・

動物の脳の白質や表皮の角質層を形成する細胞膜に、多量に存在する脂質の一種。皮膚の保湿、柔軟性を維持する働きがあるとされ、化粧品などに使用される。N-アシルスフィンゴシン。
(引用:コトバンク)

 

人間の皮膚のいちばん外側にあるのは、、厚みがわずか0.02㎜程の「角層」といわれる薄い膜です。
これほど薄い角層の中には、顔の場合、約20層の細胞が積み重なっています。

その細胞と細胞の間の隙間を埋めているのが、「角質細胞間脂質」。
そして、角質細胞間脂質の約50%を占める主成分が「セラミド」です!

このセラミドを含む角質細胞間脂質が、細胞どうしをぴったりと密着させてくれているおかげで、異物の侵入など外部からのダメージを防いでくれます。
これをバリア機能といいます。

また、体内から湧き上がる水分を蓄え保湿してくれるという重要な役割を担っています。

セラミドはもともと、肌が自らつくりだす成分です。
外部からのダメージから守り、さらに肌に潤いを与えるという、健康な肌になくてはならない重要な成分なんです!

 

「セラミド」のここがスゴイ!

ここで一つ疑問に思った方もいるのでは?
「セラミドは脂質なのに、どうして水分を溜めておくことができるの?」

そう!この疑問こそが「セラミド」の凄さを理解する鍵です!

本来、脂質は水分と混ざり合うことはできません。
しかし、セラミドは水と混ざり合うことができるてしまうんです!

そしてその水は、たとえ湿度が0%になっても蒸発することはなく、気温がマイナス20℃まで下がっても凍らない性質をもっています。

セラミドはあらゆる環境下で、肌の水分を守ることができるスゴ技職人なんです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セラミドが不足するとどうなるのか?

セラミドはもともと、肌が自らつくりだしてている成分です。
「セラミド」で満たされている肌は、バリア機能の働きが高く、外部からの刺激で肌荒れしにくい状態です。
肌も潤っていて、キメが整っています。

ところが、セラミドが不足してくると、細胞と細胞とを密着させている機能も弱くなります。

レンガとレンガを接着させているセメントに、スカスカと隙間ができたら・・・
こう考えるとイメージしやすいですよね。

セラミドなどの角質細胞間脂質が不足すると、それまでしっかりと固定されていた細胞がぐらつき、部分的にはがれ落ちたりします。

そうなると当然バリア機能が弱まり、外部からの刺激を受けやすくなります。

それだけではありません。
それまで水分を溜めておく保湿機能が働いていたのに、その力が弱まり、肌内部の水分は蒸発してしまいます。

バリア機能を失った肌は「敏感肌」となり、
保湿できなくなった肌は「乾燥肌」となります。

 

スポンサーリンク

セラミドが減ってしまう原因

それでは、なぜセラミドが減ってしまうのでしょうか?
それにはさまざまな要因があります。

 

加齢による減少

若くて健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれています。
肌はみずみずしく潤っています。

このように肌の保湿の重要な役割担っているセラミドですが、残念ながら年齢を重ねると減少していってしまいます。

セラミドは肌の新陳代謝の過程でつくられます。
なので新陳代謝の衰えと共に減ってしまうのです。

新陳代謝がもっとも活発な赤ちゃんのときがいちばん多く、30代になるとガクンと落ちます。
さらに50代では20代の半分程度になるといわれています。

 

ゴシゴシ洗顔

セラミドが減少する原因の一つが、日々の間違った肌ケアです。

肌の汚れを落とそうと、力任せにゴシゴシとこするクレンジングや洗顔は、角層が削られてしまい、せっかくのバリア機能が低下してしまいます。
洗顔はしっかり泡立てやさしく…という理由はここにあります。

また、脱脂力の強いクレンジングは、脂質であるセラミドを奪い取ってしまいます。
クレンジングをしないのが肌のためにはいちばんですが、使う場合にはなるべく肌に優しい成分のものを使うようにしましょう。

 

寝不足

セラミドは、肌の新陳代謝であるターンオーバーとともにつくられます。

肌は、常に新しい細胞を生みだしています。
この新しく生まれた細胞は、肌の奥から一番表面の部分へと少しずつ押し上げられていきます。

そして、押し上げられて角質層に到達した肌は、死んだ細胞となり剥がれ落ちます。
ターンオーバーとはこのサイクルのことです。

セラミドは肌細胞が新しく生まれるときに一緒に作られます。

それは成長ホルモンが活発になる就寝中にもっとも多く作られます。
睡眠不足でターンオーバーが遅くなると、セラミドの量も減ってしまうのです。

美肌にとって睡眠がいかに大切かわかりますね。

スポンサーリンク

不足したセラミドはどう補えばいいのか?

 

残念ながら、セラミドは赤ちゃんの時をピークに年々減っていきます。
セラミドが減れば、肌は乾燥し、老化を進めてしまうのは、ある意味仕方のないことです。

それでは、どうしたら不足したセラミドを補うことができるのでしょうか?

セラミドは肌が自らつくり出すものですが、セラミドをじかに飲んでも増やすことはできません。
減ってしまったセラミドを、体の中でつくり出すことはとても困難なのです。

そこで!

セラミドを肌に取り入れる方法として代表的なのが、「セラミド配合化粧品」です。

セラミドは水溶性ではないので、乳液や美容液などに配合されます。

 

よくある間違い一つとして、化粧水を念入りに肌に浸み込ませることが「保湿」である、という認識の方が多いことがあげられます。
しかし、化粧水の主成分は水なので、セラミドなどの細胞間脂質が少なければ、あっという間に蒸発してしまうのです。

セラミドは水分ではなく水分を留めておくために必要な成分なのです。

これに関しては、乾燥肌対策…あなたは大丈夫?スキンケアの勘違い!正しい保湿ケアの方法とは? で詳しく説明しています。

 

潤った肌を取り戻すためには、セラミド配合化粧品が「保湿」の決め手になります。

 

セラミド配合化粧品の選び方

セラミド配合化粧品といっても、天然から植物由来のものなど、多くの種類の化粧品が出回っています。
価格もさまざまで、どれを使ったらいいのかわかりませんよね。

セラミド化粧品を選ぶ上でもっとも大切なのは、「いかに人間が本来持っているセラミドに近いか」ということです。

まずは、セラミドの種類から見ていきましょう。

 

【肌が自らつくる】セラミドの種類

肌が自らつくり出すセラミドには、10種類以上の種類があるといわれています。
その代表的なものを紹介しますね。

セラミドの種類と特徴

  1. セラミド1…保湿機能、バリア機能
  2. セラミド2…高い保湿機能
  3. セラミド3…保湿機能、シワ軽減
  4. セラミド4…角質の脂質バリア層を作る
  5. セラミド5…角質の脂質バリア層を作る
  6. セラミド6…保湿機能、ターンオーバーの促進
  7. セラミド6Ⅱ…保湿機能、ターンオーバーの促進

ほか。

 

このなかで人間の肌に、いちばん多く含まれているのは「セラミド2」です。
肌の潤いに影響を大きく与えている重要なセラミドです。

非常に高い保湿力があるので、セラミド配合の化粧品もこのセラミド2を配合しているものが多いです。

他にも保湿セラミド1、3、6のは保湿機能が高く、肌の乾燥や敏感肌、アトピー性皮膚炎への影響が特に強いといわれています。

 

以上のことを踏まえると、外部からセラミドを補給する場合は、セラミド1、2、3、6のいずれか、あるいは全部を含むものを選ぶのがいいということです。

 

【化粧品に配合される】セラミドの種類

それでは化粧品に配合されているセラミドの種類は、どのようなものがあるのでしょうか?

化粧品に配合されているセラミドは、原料に応じて大きく4つに分類できます。
成分表示をよく見ると、それぞれのセラミドの種類に応じて成分の表記が違うのですぐわかります。

①天然セラミド

成分表示…「ビオセラミド」「セレブロシド」

動物由来のセラミド。
セラミド1~7をすべて含有。
肌に浸透しやすく親和性が高い。
セラミドの産生量を増やす働き。
価格が高い。

 

②植物性セラミド 

成分表示…「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」など

コメ、トウモロコシ、大豆、コンニャクなど植物由来。
コンニャクセラミドは安価で大量生産でき、コメ、大豆、麦など違いアレルゲンになりにくい点が注目されている。

 

③バイオセラミド 

成分表示…「セラミド2」「セラミド3」など

人の肌にあるセラミドを真似て酵母からつくられている。
ヒト型セラミドともいわれるように肌にあるセラミドと まったく同じ構造をしている。
天然セラミド同等の保湿力と浸透力がある。
価格は安く安全。

 

④合成セラミド

成分表示…「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」など

セラミドに類似した物質を化学的に合成したもの。
セラミドに似た分子構造をだが、まったくの別物(疑似セラミド)。
価格は非常に安い。

 

セラミド化粧品を選ぶならこれ!

セラミド化粧品を選ぶ際に大切なのは、成分表示をまず見ることです。

そして、人の肌に近い組成で保湿力の高い「セラミド1、2、3、6」が配合されているものを最優先に考えましょう。

類似品もたくさん出回っているのでここはしっかりチェックしたいものです。

また、セラミドは本来、化粧品原料としては比較的高価です。
極端に安いものは、その成分が微量にしか入っていない可能性もあります。

化粧品の内容量や種類にもよりますが、3,000円以上を目安に選びましょう。

 

セラミド配合のおすすめ化粧品

今回おすすめするのは、従来のセラミドケア成分の55倍配合されているオールインワンジェル「トリニティーライン」です。

セラミドケアで保湿にとことんこだわった保湿力抜群のジェルです。

セラミド化粧品は、美容液タイプが多く知られていますが、これはオールインワンジェルですから、忙しい女性には嬉しいアイテムです。

 

モンドセレクション8年連続最高金賞受賞!
オールインワンジェル
TRINITYLINE(トリニティーライン)

 

通常購入 3,800円(税抜)+送料
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今なら定期コース初回購入限定 1,900円(税抜)送料無料!


化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1本になった、年齢肌のためのオールインワンジェル。

そして、注目すべきは、とにかく高保湿!そして美容成分がたっぷり!

今回お話した保湿成分「セラミド」をたっぷり配合したジェルですから、その保湿力を体感してみてくださいね。

 

「トリニティーライン」おすすめポイント♪

ポイント①
水を一切加えず、95%以上を美容成分で満たす新発想

普通、化粧品のベースは水です。

しかし!

トリニティーラインは、その水をすべて美容成分に置き換えることで、濃度が高く、より効果的になるのではないか・・・という発想から生まれています。

年齢肌に必要な48種類の美容成分を、今までにない高濃度配合に成功した商品です!

 

ポイント②
高保湿、セラミドケア成分を従来の55倍の高濃度配合!

大人の肌はバリア機能が低下し、乾燥をともなう肌トラブルが起きやすくなります。
その原因の一つが、今回お話した肌の保湿成分「セラミド」の減少です。

「セラミド」の働きが潤った健康な肌にどれほど重要か、お分かりいただけたかと思います。

この「トリニティーライン」には、失われた「セラミド」をたっぷり補うために、なんと従来品の55倍もの「セラミドケア成分」が配合されているんです!

 

ポイント③
肌にやさしい使い心地

肌への負担を軽くすることは、これ以上セラミドを減らさないために重要なポイントです。
「トリニティーライン」は、敏感になりがちな年齢肌のためにやさしい使い心地です。

無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、
ノンパラベンアレルギーテスト済み、パッチテスト済み、
乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済、連用テスト済です!

 

ポイント④
角質を剥がしやすくするマッサージもこれ一つ!

肌が乾燥して粉を吹くような状態を経験したことはありませんか?
これは、古い角質がうまく剥がれ落ちることができず、白い粉のように見えてしまう現象です。

古い角質を剥がれ落ちやすくするためには「肌を柔らかくする」マッサージが効果的です。

「トリニティーライン」は、オールインワンジェルですから、保湿成分をしっかり補いながら、同時にマッサージをすることができる優れもの。

これ一つですべてがまかなえてしまう、時間もお財布もやさしいスキンケアアイテムです。

 

※トリニティライン ジェルクリームプレミアムを実際に使ってみました。
良かったら参考にしてみてくださいね。
⇒レビュー記事

 

オールインワンジェル
TRINITYLINE(トリニティーライン)
通常購入 3,800円(税抜)+送料
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今なら定期コース初回購入限定 1,900円(税抜)送料無料!

 

まとめ

この記事では、「セラミド」について詳しくまとめてきました。

肌の老化は、年齢を重ねるとともにある意味仕方のないことです。
「セラミド」も年を重ねるごとに減ってしまいます。

しかし、正しい方法で不足したセラミドを補うことができるんです!

「乾燥する」
「肌がごわつく」・・・

なかなか解決しないこのような肌の状態から抜け出すために、「セラミド」の力を借りて健康で潤いのある肌を取り戻しましょう!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です