気になる毛穴の開きを治したい!毛穴ケア“2つの鉄則”

気が付いたら毛穴が目立つ・・・
しかもお化粧しても隠れない!

こうなってしまうとなんとなくテンションもDOWN・・・。

肌のきれいな友達と比べて、どうしてこの人は毛穴がないの?何か特別なケアをしてるに違いない・・・なんて思ったりして、とても気になりますよね。

 

ところが!

毛穴を目立たなくするのには、特別な方法なんてないんです!
肌にとって基本的な、「やらなくてはいけない最低限のことを正しくやる」・・・これだけで、毛穴はみるみる小さくなっていきます。

 

この記事では、毛穴の開きが気になる皆様へ、

どうして毛穴が開いちゃうんだろう・・・そんな疑問を解決。

そして、毛穴を目立たなくするための、お肌のケア方法を紹介しています♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんなにある!毛穴の種類

一口に毛穴といっても、いろいろなタイプがあります。
自分の毛穴がどのタイプなのかを知ることは、毛穴ケアのためには欠かせません。

 

① 開き毛穴

過剰な皮脂分泌が原因であることが多い開き毛穴。

開き毛穴の形は丸く、脂性肌や男性に多く見られます。
皮脂の多いTゾーン周辺は特にできやすい部分です。

また、毛穴に詰まった角栓を除去したあとは、毛穴は開いてしまいます。

 

② 汚れ詰まり毛穴

過剰な皮脂分泌が原因で開いた毛穴に皮脂が貯留し、剥がれ落ちた角質と混ざって、毛穴に詰まった状態です。
鼻の頭などは皮脂分泌のさかんななので、特にこの状態がみられます。

皮脂や皮膚に残った汚れが長時間とどまると酸化が進みます。
黒ずんでしまうこともあります。

 

③ 黒ずみ毛穴

過剰なメラニンが原因で、黒く見える毛穴です。
“毛穴ジミ”ともいわれます。

紫外線などの刺激で、毛穴の入り口(毛穴ろうと部)がメラニンを生成をします。
それが色素沈着してしまった状態です。

毛穴ろうと部(毛穴漏斗部):毛穴の入り口部分の医学的な名称。正常な肌の場合、毛穴ろうと部は閉じているが、過剰な皮脂やターンオーバーの乱れ、エイジングなどにより毛穴ろうと部が開放。結果、毛穴が目立つように見えます。

 

④ たるみ毛穴

毛穴が縦長の楕円形状に拡がって見えるのが特徴です。加齢とともに起こる肌の土台であるコラーゲンやエラスチンの減少や、日頃の保湿が不十分であること、表情筋の凝りや代謝力の低下などが原因です。頬や法令線周辺に多く見られます。また、急激に痩せたり、顔の筋肉を支えきれなくなってくることで、たるみ毛穴へと移行してきます

 

⑤ 帯状毛穴

たるみ毛穴が進行し、開いた毛穴が連結してシワのような状態になっているのが特徴です。たるみ毛穴と同様の原因に加え、乾燥が主な原因です。

 

⑥ ニキビ毛穴

毛穴にニキビがいくつもできているのが特徴です。皮脂分泌の多い10代や生理前のホルモンバランスの乱れ、新陳代謝が低下しているときなどに起こりやすく、毛穴に溜まった古い皮脂や角質、汚れが酸化することで肌の?バランスが崩れ、ニキビの原因菌が増殖してしまうことが主な原因です。また、過剰な洗顔や保湿を十分にしないことなど、間違ったケアが症状を悪化させてしまうこともあります。

 

⑦ クレーター毛穴

以前にできたニキビによるもので、毛穴部分が凹んだ状態です。
残念ながら、ニキビケアの失敗といっても過言ではありません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうして毛穴が広がっちゃうの?

そもそもどうして毛穴が開いてしまうのでしょうか?
毛穴が開く原因は大きく3つ。

 

①皮脂の過剰な分泌

毛穴が広がってしまう原因として、皮脂が必要以上に分泌されている状態が考えられます。
余分な皮脂によって毛穴が拡がってしまうのです。

また、毛穴の黒ずみは、毛穴に留まっている汚れや古い角質が皮脂と混ざって酸化するために黒く見えてしまうのです。

 

②たるみ

加齢などによってたるんだ肌は、毛穴を楕円形に広げてしまいます。
たるみは、毛穴のある角質層の奥にある真皮層を構成しているコラーゲンやエラスチンが減少することで肌の土台が崩れてしまうことが原因です。
そのため、肌表面のハリが失われ、顔が全体的にたるんできてしまうのです。

 

③ニキビ跡

若いころにできていたニキビ。そのニキビをつぶしてしまったために、治っても穴が開いたようになってしまう場合があります。この状態を瘢痕化(はんこんか)といいます。

また、ニキビを治したいからと、ゴシゴシ洗顔し過ぎたり、べとつくからと、保湿をおこたってしまうのは間違いです。
このような間違った対処は、肌を乾燥させ、必要以上に皮脂分泌が起こしてしまうという逆効果を生みます。

こうなると、先ほどのでてきた、余分な皮脂によって毛穴を開げてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

毛穴を目立たなくするケアの方法

 

 

正しいスキンケアが何より近道

毛穴の開きが気になる・・・
毛穴を目立たなくするにはどうしたらいいの?

毛穴を目立たなくさせるために、何よりも重要なのがスキンケアです。
また、シミ、シワ、たるみなどを撃退するのに比べて、正しいスキンケアさえすれば毛穴の開きを治す効果は簡単に十分期待できます。

 

大切なのは「正しい洗顔」「正しい保湿」

 

毛穴を目立たなくするスキンケアで最も大切なのは「正しい洗顔と保湿」です。

私たちの肌は、24時間空気中のホコリや化学物質などの汚れにさらされています。
また、乾燥や雑菌などど刺激も受けています。

内側からも夏場などには皮脂の分泌量が増えます。それなのにエアコンの効いた室内はかえって乾燥を促します。
夏場は乾燥とは無縁だという思い込みから、この時期の保湿を怠ってしまいがちです。

 

そこで重要なのが、正しく洗顔することで肌の清潔を保ち、正しい保湿によって肌をきちんと保護することです。
促すことになります。

 

毛穴が開いてしまう要因には、これらが深く関わっています。

そこで重要になってくるのが「洗顔」と「保湿」です。
「洗顔」と「保湿」を正しい方法で行うことこそが、毛穴撃退のためにもっとも大切なことなのです。

 

「正しい洗顔」とは?

 

正しい洗顔方法
  1. 洗顔する際、洗顔料や石鹸は十分に泡立てる。泡は少し硬いくらいが良いでしょう。
  2. 力を入れず指先や手のひらと肌の間で優しく泡を留める程度の力で、泡を肌に滑らせるように丁寧に洗う。決してゴシゴシ擦るようには洗わないこと。
  3. 朝は洗顔料、石鹸、もしくはぬるま湯で軽く洗顔。
    夜は洗顔の前にクレンジングでしっかりとメイクを落とす。
  4. 小鼻の横、あご、髪の毛の生え際などは、洗い逃しやすい部分です。
    特に鼻を含めたTゾーンは皮脂の分泌量が多いので念入りに。
  5. また、4の箇所は洗い残しやすい部分でもあります。
    石鹸や洗顔料を残すことは、かゆみやかぶれなどのトラブルの原因にもなりますので、しっかり洗い流しましょう。
  6. 洗顔料を洗い流した後は冷水などで毛穴をしっかりと引き締めましょう。

 

 

正しい保湿とは?

 

正しい保湿ケア
  1. 朝、夕の洗顔後には、すぐに保湿しましょう。
  2. 化粧水や美容液はたっぷり使いましょう。
    夏場でも基本は「たっぷり」です。
    鼻の頭なども皮脂腺が多くべとつきやすいからといって避けずにケアしましょう。
    お化粧する際にベトついてしまうというかたは、さっぱりタイプを選ぶといいですね。
  3. 乳液やクリームのケアは肌に薄い膜を作るように伸ばします。この時に強い力を加えないこと。
  4. 保湿ケアに使う化粧品には、肌の角質層で潤いを保持する働きをする「セラミド」、真皮層にある細胞の水分量をキープしてくれる「コラーゲン」や「エラスチン」などの成分が配合されたものを選びましょう。

 

 

過剰なケアは厳禁!

洗顔・保湿それぞれに注意しなくてはいけないのは、過剰な力を入れたり、過剰な頻度で行うことです。
毛穴の汚れや皮脂を取り除きたいとと願うあまり、ついつい手に力を入れたくなってしまいますがこれは厳禁!

洗顔・保湿はとにかく「優しく、丁寧に」扱ってあげることが大切です。

 

また、毛穴パックやピーリングもやりすぎはくれぐれも注意です!
なぜなら、肌を守るために必要な角質や皮脂までも除去してしまうことになるからです。
これは、乾燥肌を招きます。

また、角質を傷つけたり剥がしてしまう恐れもあります。
傷ついた部分には雑菌が溜まり、ニキビの原因となったり、メラニン色素が蓄積しシミの原因となることもあります。

スポンサーリンク

目指すべき、毛穴の目立たない肌とは?

 

毛穴が目立たない肌とは、「毛穴が引き締まっている」状態のことです。

毛穴が開いていると見た目にも目立つだけでなく、開いた毛穴に汚れや皮脂がつまりやすくなり、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。

それだけではありません。
毛穴に皮脂が貯留し、剥がれ落ちた角質と混ざって、毛穴に詰まった状態で酸化してしまうと、黒い毛穴詰まりを起こし、それこそ毛穴をなくすどころではありません。

 

毎日の洗顔で、正しく洗顔⇒正しく保湿を、根気よく繰り返すことで毛穴を目立たなくしていきましょう。

正しい方法で行えば、明らかに毛穴が小さくなっていきますよ。

 

また、脂性肌や皮脂の多い混合肌の方は、毛穴を引き締める効果のある収れん化粧品を使うのも効果的です。

 

毛穴ケアの味方!おすすめの洗顔石鹸

毛穴をなんとか目立たなくしたい!
そのために必要な「正しい洗顔」。

驚くべき泡立ちで、洗い上りさっぱり!
そんなオススメの洗顔フォームを紹介します。

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

単品購入価格 2,980円(税別)

  • 内容量:110g
  • 商品概要:クリーム状石鹸
  • 成分:水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG-150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

 

“どろあわわ”4つのおすすめポイント

 

おすすめポイント①
へたれない濃密泡がすごい!

まず最初に感じるのは、しっかりとした濃密泡。

今までの泡は何だったんだろう・・・
ついそんな気にさせられる硬くてしっかりした泡。

いつまでもへたれない、硬くきめ細かい泡は毛穴の汚れをしっかりと吸着させます。

 

おすすめポイント②
2種類の泥パワーで、毛穴の汚れと黒ずみをしっかり落とす!

超微粒子の泥で毛穴の奥まで汚れを吸着!
汚れや頑固な角質、余分な皮脂をしっかりと吸い取り、まっさらな肌へ導きます。

 

おすすめポイント③
「豆乳発酵液」配合でしっとりなめらか肌に。

大豆に含まれるイソフラボンには、肌をなめらかに整える、高い「保湿効果」があります。
そのイソフラボンを発酵させることで、濃く肌になじみやすくなります。

 

おすすめポイント①
贅沢な保湿成分でうるおいとハリを!

“どろあわわ”は、毛穴ケアに絶対欠かせない「保湿」を助ける嬉しい洗顔石鹸。
コラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスが配合された贅沢な石鹸です。

乱れがちなうるおいバランスを整えてくれます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です